函館の観光事業と中高年

中高年には仕事が無い 現在、函館市の産業などの中心は内陸の方(函館山の反対方向)で、そこには活気があり、若い勤労世代の方が多いのが実情です。 他方、観光で賑わっている西部地区には、年金暮らしのお年寄り達が細々と暮らしているのも現実です。 極端…

函館の市場

函館朝市 しばらく、観光ブログの本筋から話がそれていましたので、ここらで話を戻します。 さて、函館の市場と言えば、だれもが「函館朝市」を思い浮かべると思います。 函館朝市のフードコート 面積も広く、出店数も多い「函館朝市」は、今や国際的な観光…

函館スピリチュアル

前回のブログでは、「函館の心〇スポット」について書きました。 実は、あのブログ記事は、随分昔に、私が奇妙なことを体験したこともあって参考までに書いたものです。 ブログ自体は、随分変わったことを書いたので、「なんで、観光ブログにこんなことを書…

函館の心〇スポット

それって、函館の観光地にあるの? 「楽しい函館観光に、何を突然・・不躾(ぶしつけ)な」と思われるでしょうね。 ただ、せっかくの旅先で変なことに巻き込まれたり、旅先から変なものを連れて帰らないのも、観光では大切なことです。 もちろん、函館では、…

風の街、函館

函館の街を、市電や路線バスで観光すると、函館の中心部から西部地区にかけて、街の中に「幅数十メートルの草木のみしか植えられていない一帯」が所々にあります。 下の画像のうようですが、お気づきでしょうか? 良~く注意しているとわかりますよ。 雪に覆…

どっちが本家?迷っちゃう・・(小いけ)

函館のカレー 函館のカレーといえば「五島軒」のカレーが全国的に有名ですね。 割と大きめのスーパーだと、何処にでも「五島軒」の「函館カレー」(レトルト)は並べられています。 しかし、実はそれも最近のことなんです。 函館 五島軒本店 函館人に「地元…

どっちが本家?迷っちゃう・・(千秋庵)

千秋庵総本家 函館の宝来町電停の近く、高田屋嘉兵衛像の手前に菓子店「千秋庵総本家」があります。 そして、実は札幌市の狸小路の近くにも、同じく菓子店の「札幌千秋庵」があります。そして、どちらの店も銘菓「山親父」を出している・・。 札幌に観光旅行…

函館高龍寺の悲劇

先日のブログでは、「函館(箱館)の不思議」中で「戊辰戦争での2つの非情」について、戊辰戦争後の旧幕府軍武士の戦死遺体に関する「埋葬禁止」について述べました。 今回は、函館市電「函館どっく前」電停から、坂を上ること10数分の場所にある「高龍寺(…

函館の消えた「砂山」

数十年前まで函館大森浜(宇賀浦)には大きな砂山がありました。それは、400m×200mくらいの結構大きな範囲にわたるものでした。 その辺りには、「サムライ部落」(砂山部落)と言われた長屋のような居住地域もありました。付近は、貧しい人たちも多かった…

箱館(函館)の不思議

今日は、歴史上の少々残酷なお話がありますので、気の弱い方は遠慮されて下さい。 暗く、悲しい話です。 戊辰戦争での2つの非情 戊辰戦争とは、江戸時代から明治時代に至る上での、旧江戸幕府側の武士と新政府側の兵士との戦いのことです。 その戦いは2年の…

函館観光のお得な移動手段。市電?バス?それともレンタカー?

高田屋嘉兵衛像と函館山 函館の観光地を移動するにあたり、交通機関やその料金は重要な要素です。 今回は、函館市内等のお得な移動手段についてお知らせしますね。 1 函館バス、市電を利用するお得な方法は? ① 市電だけを利用する方(以下、大まかな基準)…

温泉地、函館

函館は、実は温泉が楽しい リピーターにお勧め!函館の日帰り温泉 「函館は、市内の何処を掘っても温泉が出る!」 ウソの様な話ですが、本当です。 この事実は、ほとんどの函館市民(特に、お年寄り)が知っています。 その証拠に、最近では、「函館国際ホテ…

函館の港(その2)

箱館港の弱点 箱館の港の形は、数百年前から随分変わりました。 一番大きな変化は、倉庫群を効率よく運用するため、港の裏にまで運河が作られ、岸壁などの埋め立てが更に進められ、港の機能が充実して行ったことです。 しかし、そんな発展を続ける箱館港にも…

函館の港(その1)

現在の函館湾(左)と宇賀浦(右) 箱館の港 箱館が国際貿易港として1859年に開港する以前から、箱館は蝦夷地(志海苔、宇賀)の昆布の若狭方面などへの出荷の拠点として、極めて重要な港になっていました。 このため、当時の箱館港の海岸沿いには、問屋や倉…

函館と言えば・・寿司!

まず、簡単な「にぎり寿司」についてのウンチクです。 にぎり寿司は、「寿司ネタ(上に乗せるもの)」と「シャリ(寿司飯)」できています。(馬鹿にするな・・と言われそうですが、まぁ読んでください) 函館の寿司は、「江戸前寿司」と同じように、「にぎ…

函館のアイヌに関する残念な出来事

今回は、函館のアイヌの歴史上、過去に起こった災害や事故ではなく、どちらかと言えば、歴史に翻弄されたアイヌの残念なお話を2つ紹介します。 明るい話題ではありませんが、アイヌに関する歴史上の残念な事実です。 トラピスチヌ修道院から望む函館山 アイ…

世界遺産登録なるか、函館(南北海道)

世界遺産登録へ 最初に述べますが、これは、冗談ではありません。 普通の函館市民からも「またぁー・・からかうんでないよ」「冗談も休み休み言えー」などという声が、あちこちから聞こえてきそうですが・・。 まず、誤解されないように、この世界遺産登録候…

函館の麺類

函館の麺類 ラーメン(支那ソバ) まず、函館の麺類といえば、現在では「函館ラーメン」ですよね。 でも、函館には、他にも美味しい麺類があります。(今回、イタリアンについては触れません) 実は、函館には「蕎麦」も美味しい所が多いんですよ。市内にも…

函館の水

水元(みずもと) 函館のどの家庭、どの場所でも楽しめるのが「美味しい水」です。もちろん水道水ですが、これがまた冷たくて絶品です。最近の函館では、夏でも時々エアコンが必要なくらい暑い日もあります。しかし、そんな暑い夏でも、水道の蛇口をひねると…

冬道は注意!楽しい函館ドライブ

雪景色の冬の函館 函館のドライブ 特に、函館観光も2度目、3度目になると自分の行きたいところに自由に行ける、函館市内やその近郊への「レンタカーでのドライブ」は、さらに魅力が一杯です。 電車や徒歩だけでの観光地訪問では、時間がかかるし、特に、北海…

北海道のボストン・・函館

何を突然、と思われるでしょうが、実は米国のボストンと北海道の函館は案外似ているのです。 両市とも古い港街なので、その佇まいや落ち着いた感じも似ていますが、街の成り立ちに関する歴史自体も非常に似ているので紹介します。 函館レンガ倉庫から見た函…

リピーターのための函館観光(見どころ、知りどころ)

函館ってご存知ですよね・・ ・函館の文化のこと(函館人の愛するおひいきグルメ、函館の地元ルール、函館人の気質) ・函館はいつ頃からあったのでしょう?(先住民の時代、箱館の時代、黄金時代、函館の時代) 函館の春 ・函館の文化のこと 函館人の愛する…