どっちが本家?迷っちゃう・・(小いけ)

函館のカレー

 函館のカレーといえば「五島軒」のカレーが全国的に有名ですね。
 割と大きめのスーパーだと、何処にでも「五島軒」の「函館カレー」(レトルト)は並べられています。
 しかし、実はそれも最近のことなんです。

f:id:hakodate1859:20190126172851j:plain

函館 五島軒本店

 函館人に「地元の美味いカレーと言えば・・」と聞くと、昔だったなら、だいたいは「小いけ!」と即返ってきました。
 ただ、このごろでは「ラッキー・ピエロ」のカレーが好きな方も多いようで、更に、近年は札幌から「スープカレー」も進出してきましたので、函館のカレーグルメ地図も塗り替えられつつありますが・・。
 しかし、根強い人気は、やはり「小いけ」のカレーです。

 

 一方、先程の「五島軒」は、函館人のカレーの好みとしては少数派だと思います。
ですので、観光客の皆さんが「本場函館に来たら、五島軒のカレー!」というと、否定はしませんが、函館人にとっては不思議な感じがします。

 その理由として、「五島軒」は、函館人にとっては「別格中の別格のレストラン」の印象が刷り込まれているからです。


 市内の他の歴史の浅い「高級ホテル」とも違い、結婚式や法事など、割とフォーマルな用途で利用される印象が強いため・・ちょっとカレーとは結び付きづらい・・。  
 どちらかと言えば「五島軒」は、函館人にとっては「愛すべき敷居が高いレストラン」です。

 

 そんなところもあり、私個人的には、観光客の方がカレーを食べるなら、是非、小いけのインドカレーをお勧めします。


 しかし、そこで出る疑問が「どっちが本家?迷っちゃう・・」です。

 カレーの小いけは2店あり、2店とも十字街と宝来町の市電電停の中間にあります。
 そして、2店の距離は約20mしかないという・・絵にかいたような「本家争い状態」です。


 説明しますと、市電の電車道路に面した比較的新しい店舗が「印度カレー 小いけ 本店」(写真上)で、横の路地を入ったところにある黄色い古い店舗が「元祖 印度カレー 小いけ」(写真下)です。

 

f:id:hakodate1859:20190126173121j:plain

印度カレー 小いけ 本店

f:id:hakodate1859:20190126173319j:plain

元祖 印度カレー 小いけ

 本店の方は、亡くなった先代の身内の方が新しい場所で営業を開始し、元祖の方は、元々の場所で、そのまま元従業員の方が営業しているということです。


 私は、もちろん両店とも入って食べてはいますが、先代の味に近いのは「元祖」のような気がします。そして、「元祖」の方は、「カレー百名店」にも入っています。
 ただ、正直な感想で言うと「やはり先代の方が、抜群に美味しかった」気がします。


 函館市内のお土産店などで売っている黄色いパックの「小いけ カレー」は、「本店」レトルトカレーです。
 「元祖」の方はレトルトを出していませんが、冷凍したものを販売していました。

 それと、「元祖」店内でカレーを食べていると、ちょくちょく「カレー・ルー」だけ、鍋をもってきて注文し、そのまま鍋に入れてもらって持って帰る人も目にします。

 これも、昭和の様な不思議な光景です。


 言うなれば、それほど「小いけ」のカレーを愛している函館人がいるということでしょうか。
 味の違いは、ネットで確認して行ってみてください。こればかりは好みですので何とも言えません。

 ただ、来店の際は営業時間に注意して下さい。
 元祖の方は、「11:00から15:30」までです。
 本店の方は、「11:00から21:00」までです。

f:id:hakodate1859:20190126173519j:plain

元祖 小いけの営業時間

 「元祖」の方の営業時間は、段々と随分短くなってきたので、そのうち閉めるつもりなんだろうかと勘ぐってしまいます。

 

十字街交差点の不思議な塔

f:id:hakodate1859:20190126174247j:plain

 

 さて、これは何だと思います?
 実はこれ、市電の「操車塔」なんです。

 「操車塔」は線路の切り替えや、信号による交通整理をする所です。
 どうです? 見た目、なかなか可愛いでしょう。

 現存する路面電車では日本最古の「操車塔」らしいですよ。
 これは、今は使われていませんが、昔はここに交通局の人が梯子を昇って行って、この中で電車線路の切り替えをしていました。
 狭くて大変だったと思います。

 

f:id:hakodate1859:20190126174351j:plain

十字街交差点の「操車塔」

 そして、冬場になるとですね、どういう訳かこの十字街交差点の辺りで、良く「市電が脱線」していました。たぶん、雪や氷のせいです。
 すると、何人か交通局の人がやって来て脱線電車をレールにすぐ戻す、みたいなことが日常茶飯事でした。
 その都度、乗客は降ろされて待たされました。

 「おいおい、またぁ・・?」みたいな感じで、寒い中、乗客はじっと待っていました。「寒っ!!」

 

f:id:hakodate1859:20190126175125j:plain

「操車塔」の説明