函館のスーパーマーケットは「ワンダーランド」

 函館では、過去、スーパーマーケットではあまりお目にかからなかったものが最近では随分と並んでいます。


 特に、道外からの観光客の方にはナニコレ珍百景」「噂のケンミンショー」などでの話題になるような食材も結構ありますので、今回はそれを紹介しますね。


 その前に、昔は、地元函館でも、あまりメジャーではなかった食材で、今は随分、全国的にメジャーになっているものもありますが・・


  それは寿司ネタの「サケ」と「ホッキ」です。両方とも、少し以前から函館の地元寿司ネタの仲間入りをしています。
 「サケ」は、少し前の北海道では、生の場合、「ルイベ(冷凍したサケ等)」で生食するのが普通でした。

 さて、この「ルイベ」は、この言葉の響きからしても、お察しの通りアイヌ語が語源です。


 また、「ホッキ」(北寄)は、近年まで市内の普通の家庭では食べませんでした。
 ちなみに、函館周辺では昔、「七重浜海水浴場」辺りで、海水に浸かりながら「ツイスト」して足をだんだん砂の中に潜らせていくと、深さ10cm~20cmくらいで、「ホッキ貝」に必ずと言っていいほど当たりました。私も、随分採りましたが・・それほど、豊富でした。


 ここで変な話ですが、「ホッキ」は北海道での名称で、正式には「ウバガイ」というそうです。さらに、分類上は「バカガイ上科のバカガイ」の一種だそうです。これ・・書かない方が良かったかな・・。

 この「七重浜海水浴場」は、現在の北斗市にあり、北斗市の公式キャラクターが「ホッキ」の寿司にちなんだ、「ずーしーほっきーです。

 随分前置きが長くなってしまいました。

 それでは、「ナニコレ」を紹介しますね。

 

f:id:hakodate1859:20190406183244j:plain

クリガニ

「クリガニ」

 以前のブログ「函館の港(その2)」で紹介した、あのクリガニです。
 あのブログでは、観光客向けの「クリガニの原始的釣り方」まで解説しましたが・・そのクリガニが、スーパーマーケットの生鮮売り場にも並んでいます。


 クリガニは、恰好からして、毛ガニの親戚のようで、味も似ているのが特徴です。
カニ味噌がおいしいので、みそ汁に入れて楽しみます。

 

f:id:hakodate1859:20190406183348j:plain

銀杏草

「銀杏草」(ぎんなんそう)

 これは、見たとおりの海藻です。
 これも、みそ汁の具として楽しみます。
 この銀杏草は、冬場が旬で、北海道のたいていの漁港では採れるようです。


 みそ汁に入れるタイミングで、「コリコリ」と「トロトロ」の二つの食感が楽しめそうです。(私は、ちなみにこれは食べたことがありません・・すいません)

 

f:id:hakodate1859:20190406183442j:plain

かすべ

「かすべ」

 「かすべ」とは、魚類の「エイ」のことを言う、北海道の方言です。
 まして、お金を貸すべ・・とは違います。(・・失礼しました)


 「かすべ」も「真かすべ」「水かすべ」があります。写真は「水かすべ」ですが、「真かすべ」の方が値段も高く美味しいとか。


 ただ、「かすべ」の食べ方としては、私は「煮つけ」か「揚げ物」が好きです。何故かというと、エイの魚肉自体、若干「アンモニア臭」があるので、気になる方は「煮つけ」か「揚げ物」がお薦めです。
 道央の方では、「かすべ」の専門店もあるそうです。

 

f:id:hakodate1859:20190406183630j:plain

マフラー

「マフラー」

 はっきり言って、これは、函館市民でもびっくりですね。
 「マフラー」(6枚入り)という名の「かまぼこ」です。

 包装には、やはり「マフラー」の解説付きです。

 

 さて、色々と函館のスーパーマーケットには、観光客の方にとっては、恐らく馴染みのないものを紹介してきました。


 函館のスーパーマーケットには、以前のブログで紹介した、お魚の「ゴッコ」のみならず、清涼飲料の「コアップガラナ(小原商店)や「OK味噌」(八雲町 服部醸造)などのローカルブランドも結構あって楽しいですよ。

 

f:id:hakodate1859:20190406183912j:plain

f:id:hakodate1859:20190406183949j:plain


 函館の食文化は、北海道内でも古く、独自性のあるものがたくさん残っています。


 函館のスーパーマーケットは、函館観光リピーターさんを失望させない「ワンダーランド」間違いなしです。


 是非、時間を作って訪れてください。