令和元年、最初のお花見は函館で

 今年の函館のお花見は、今週末の4月26日くらいからできそうです。


 そして、これからすると丁度、元号が「平成」から「令和」に代わる5月1日頃が函館の桜の見ごろになりそうですね。


 今回のゴールデンウィークに、東北・北海道に旅行する人は、令和で初めてのお花見を体験できますね。

 そうなんです。今年、「平成最後のお花見」を既に地元で終えた方は、「令和最初のお花見」が、これから函館でできるんです!

 令和元年最初のお花見を函館でできるなんて、ちょっとロマンチックですね。

 もう本州など、桜の散ったところでは、令和2年からしかお花見はできませんから・・ラッキーな気がしますが・・。

 

 以前の私のブログ、「ドライブで行く函館でのお花見」では、「五稜郭公園」「桜が丘通り」「函館公園は、是非行ってもらいたい桜の名所として紹介しました。

 しかし、今年は何しろ10連休ですので、例年と比べて人出が多そうですね。


 このため、レンタカーでドライブがてら行って、車中からお花見をするには、ひょっとすると・・厳しいかもしれません。

 やはり、近くの駐車場にレンタカーを止めて、歩いていくのが安全かもしれません。

 旅は安全に、楽しむのが一番です。

 

f:id:hakodate1859:20190118092922j:plain

五稜郭公園の桜

 そして、美味しいものをたくさん食べて、函館を満喫して下さいね。

 まだ、海産物は脂が乗って美味しいですよ。

 

 それと交通機関は、混むと予想されますが、以前の私のブログ「函館のお得な移動手段。・・」で述べました、市電、市バスの利用法について、繰り返しになりますが、紹介します。

 

市電だけを利用する方(以下、大まかな基準)


 1日3区間以上利用する場合は、市電専用1日乗車券がお得です。
 1日中、市電が乗り放題。提示式なので、見せるだけでOKです。
 また,路線図や観光エリアマップの綴じ込み付きです。
 沿線には、これを提示すると割引などの特典があるところもあります。
              大人 600円、小児 300円 

バスだけを利用する方


 1日4区間以上利用する場合は、函館バス専用1日乗車券(カンパス)
 函館バスの指定区間内の路線が1日乗り放題
 函館山トラピスチヌ修道院、空港循環もあり、活用次第では強い味方です。
 
              大人 800円
  
市電とバスを利用して、効率よく回りたい方


 市電・函館バス共通1日,2日乗車券
 函館山トラピスチヌ修道院なども大丈夫で、市電・函館バスが乗り放題
 函館バスは、乗車できる指定区域があります。
  
        共通1日券 大人 1000円 小児500円
        共通2日券 大人 1700円 小児850円

 

f:id:hakodate1859:20190421124638j:plain

函館山からの夜景

 

 さて、最後に、函館山に夜景を見に行こうと思っている方も多いと思います。
 そこで、老婆心ながら・・山頂は、「思っているより、結構寒い」です。


 必ず日中とは違って、一枚多めに羽織るものを持っていきましょう。
 「これで行ったら、暑すぎない?」くらいの気持ちで着込むくらいがOKです!

 薄着をして函館山山頂に行くと、山頂に着いた途端に帰りたくなるくらい「確実に寒い!」ですよ。


 では、これからのゴールデンウィーク、令和元年最初のお花見を、函館で楽しんでくださいね。