函館のスーパーでびっくり!でも、イカは・・

 また、だいぶご無沙汰ですいません。

 急に冬らしくなってきました・・・。

 

 まずは、下の写真をご覧ください。

f:id:hakodate1859:20191123111155j:plain

「ふくらぎ」(出世魚ブリの小型)

 「ブリ」は、出世魚と呼ばれる魚で、成長とともに名前が変わるのは、ご存じだと思います。例えば、「フクラギ」→「ヤズ」→「ハマチ」→「ブリ」のようにです。

 写真の魚は、実は、その「フクラギ」で『函館産』のシールも、バッチリ張られています。

 まずは、「えっ?函館でこんな魚が獲れるの?」と、思っちゃいますよね~。

 そして、次にその「値段」をご覧ください。

 何と、驚きの安さですよ!

 思わず、「あれ~、一桁間違ってない?」なんて思ってしまいます。

 

 この大きさで、この値段で・・ということは、『漁師さん。大漁で、大変だったですね』などと、逆に同情して、変な風に考えてしまいます。

 このように、最近は地球温暖化なのか、海水温の変動で、函館ではスルメイカが全く獲れなくなったり、逆に「フクラギ」が獲れたりするようです。

 一体どうなっているのでしょう?

 

 観光客の方も、函館の寿司屋さんに来て「イカ入荷ありません」では、悲しくなりますよね。

 さらに、函館港まつりの時のいか踊りなども、ウィキペディアなどでは・・

いか踊り(いかおどり)とは、北海道函館市の名産イカをテーマとした踊りである』

なんて、書かれています。 

 名産イカが獲れない街で、イカ踊りなんて・・今一つ、祭りのノリも悪くなっちゃいますね。

 

 ちょっと話は飛びますが・・だいぶ昔に、北原ミレイさんが歌った『石狩挽歌』という名曲がありました。

 あの『石狩挽歌』は、・・石狩地方で、あれだけニシンが獲れていた時代は遠くなってしまった・・。という、北海道のニシンの大豊漁時代を彷彿とさせるとともに、一方で、その夢ははかなかった、と歌った、悲しい歌でした。

 

 まさか、そんなことはないと思いますが、最近の函館のイカの不漁は、昔の北海道で豊漁だった『ニシン』のことを考えてしまいがちです。

 函館といえば、イカです。

 マンホールにもなっているくらい、愛されているイカです。

f:id:hakodate1859:20191123113950j:plain

愛すべき「イカ」のマンホール

 函館のイカがいつまでも、函館の「名産」でありますよう、祈るばかりです。

 

 最後に、函館のお寿司屋さんに行ったときの裏技・・

 マグロなどの冷凍ものは、全国どこで食べても一緒ですよね。

 一方、新鮮なマグロとして有名な「大間のマグロ」は、全国ブランド品なので高いですが、函館のお寿司屋さんで食べられることもあります。

 ただ、同じ津軽海峡で獲れたマグロを、函館市の戸井町で水揚げした「戸井マグロ」もあるんです。これは、「大間のマグロ」ほど有名ではないので、その分安いのですが、味は同じなんですよ。

 是非、函館のお寿司屋さんで見かけたら、味わってみてくださいね。

 

 それと、函館のお寿司屋さんで、安い新鮮ネタがある場合があります。

 例えば、先程の「フクラギ」などがネタで出た場合は、安くて新鮮です。

 ですので、函館のお寿司屋さんでは、「函館に来たら・・お寿司はこれだ!」と、今までの経験や先入観で考えるのではなく・・、ちょっと、お寿司屋さんの「本日入荷!○○」を確認してみて、お手ごろ価格だったら、まず食べてみることです。

 多分、ハズレは無いと思います。では・・