函館のスーパーマーケットは「ワンダーランド」(その2)

 今年の函館は、雪が極端に少なく、景色そのものも『秋の函館』のような、変な感じです。

 特に、今頃の時期の函館は、台湾の観光客に人気なのですが・・せっかく来ても、お目当ての『雪景色』も見られず、なんか物足りない感じでしょうか。

 それに輪をかけて、中国からの観光客も「新型肺炎」で減っているので、函館の観光事業自体が大打撃ですね~。

 そんな時は、目先を変えて、再び「スーパーマーケット」にでも行ってみましょう!

 ということで、今回は函館のスーパーマーケット関連の第2弾です。ちょっと、噂のケンミンショーみたいなところもありますが、楽しんでくださいね。

 まずは、お酒のコーナーの『ガラビー』から、ご紹介。

f:id:hakodate1859:20200203220243j:plain

ビール売り場にある『ガラビー』とは?

 

f:id:hakodate1859:20200203220355j:plain

函館の「オリジナルカクテル」

 小原商店の「コアップガラナ」と生ビールを4対6で割って飲むカクテルです。

味は、少々甘めでしょうか・・。

 

 次は、少々微笑んでしまう、店内のPOP広告から。

f:id:hakodate1859:20200203220926j:plain

卵: どさんこ卵ど

 いかがですか? 座布団1枚! ってとこですか・・。

 それと、ネイティブスピーカーが書いたのではないかと思う広告です。

 

f:id:hakodate1859:20200203221143j:plain

カップヌードウ ・・です。

あと、若干の解説が無いと分からない、ご当地食材です。

 

f:id:hakodate1859:20200203221330j:plain

カレイのひれを、カラッと揚げたもので、酒の肴です。

f:id:hakodate1859:20200203221438j:plain

スケトウダラの卵で、「生助子」

f:id:hakodate1859:20200203221543j:plain

左が「北海道以外の赤飯(小豆)」右が「北海道の赤飯(甘納豆)」

f:id:hakodate1859:20200203221801j:plain

これは、冷凍イカですが、ハラワタとゲソを抜いた「ツボ抜きイカ」です。

 そして、最後に、昔は「中華まんじゅう」といった「中花まんじゅう」です。

 どんなものかというと・・大きなどら焼きの1枚の皮で、あんこを包んだものです。

 ですから、あんこの量は結構「凄い!」です。

 そして、昔の函館では、これは「葬式饅頭」と言われ、香典返しでは必ずついてきました。箱を開けると10個ほどの「葬式饅頭」が、お行儀よく『食べて!』と、並んでいたものです。
 ただ、子供は大好きでしたが、大ぶりの「中華まんじゅう」は、しまいに飽きます。

 それが、これです。

f:id:hakodate1859:20200203222555j:plain

少々小ぶりな「葬式饅頭」

 今回は、画像が主体でしたが・・如何でしたか?

 もし、レンタカーで観光することがありましたら、函館の「スーパーマーケット」は行ってみる価値あり!ですよ。

 しかし、私は「カップヌードウ」が・・一番好きです。