恐らく観光情報にはない、函館の観光スポット

 今回は、ちょっと変な情報ということで・・3つほど紹介いたします。

 まず、最初は・・。

 大変美しい・・「レンガ塀」です。

f:id:hakodate1859:20200220191132j:plain

綺麗なレンガ塀ですが・・

 実は、ここは「函館少年刑務所なんです。

 

 「函館少年刑務所」は、江戸時代の箱館の牢屋敷から始まり、明治時代に「 函館監獄」となり、大正時代に「 函館刑務所」となって、現在の「 函館少年刑務所」になりました。

 

f:id:hakodate1859:20200220191730j:plain

函館少年刑務所の正門

 そして、これが正門ですが・・実は、この正門の反対側に「マル獄ショップ」があるんです。

 正式には「刑務所作業製品展示場」とういう、ものものしい名称ですが、駅や空港などのお土産店でも売られている「マル獄製品」を販売しています。

 

f:id:hakodate1859:20200220195443j:plain

「マル獄ショップ」

 しかし、土日はお休みですので・・ご来店の際は、ご注意下さいね。

 その中の様子が、これです。

 

f:id:hakodate1859:20200220192209j:plain

マル獄製品の数々(「はこぶら」から)

 

 そして、このエリアなんですが・・実は、先程の少年刑務所のレンガ塀」の真向かいにあるのが・・

 

 これです。函館市民スケート場」

 家族でスケートを楽しんだり、彼女とスケートデートするにしても・・なかなか、スリリングな配置でしょう。

f:id:hakodate1859:20200220192409j:plain

冬季開催の「函館市民スケート場」

 この函館市民スケート場」ですが、冬季限定ですが、観光客の方も、もちろん利用可能なんですよ!(ご利用の際は、情報を確認してくださいね)

 

 この場所は、湯の川温泉からは、徒歩だとちょっときついですが、行けなくはありません。

 そして、その利用料金ですが、大人600円、そして、貸スケートも300円で借りられるという安さ!

 ただし、手袋と帽子は必ず必要ですので、来場の際は、持参してください。

 

 その、「函館市民スケート場」の写真がこれです。

 

f:id:hakodate1859:20200220192705j:plain

函館市民スケート場のリンク(「はこぶら」から)

 どうですか?なかなか空いていて、いいでしょう!

 「スピードスケート」の「トラック」みたいのもあったりして・・。

 

 でも、ネタばらしをすると・・ここは元々は、「函館競輪場」なのです。

 まわりがバンクのついた走路、競輪場ですね。

 

 ただ、このように、冬季間は、市民に開放しているなんて、いいですよね~♪

 そして、この函館競輪場は、現存する競輪場では「日本最北」なんです。

 そして、その外観がこちらです。(これは、本当に、「函館少年刑務所」の道を隔てての、真反対側なんです。)

 

f:id:hakodate1859:20200220193110j:plain

函館競輪

 そして、何でこういうような配置になったかは知りませんが、この競輪場の少し離れたお隣が・・なんと函館競馬場になります。

 

 『函館人は、そんなにギャンブルが大好きなのかい?』・・と思われても仕方のない、言い訳できない配置になっています。

 これで、「オートレース場」や「競艇場」もあったら、もうギャンブラー天国ですね。

 

 しかし、その函館競馬場」は、なんと1896年に開場した、現存する日本の競馬場では、最も長い歴史を誇っています。最古の競馬場です。

 これだけでも、十分な名所といえますが・・さすがに観光地にはならないようです。

 

 冗談抜きで、競輪、競馬にはまってしまい、金に困った上で、とうとう犯罪に手を染めて、少年刑務所に入ってしまったという豪傑も、過去にいたかもしれませんね。

 

 その、「函館競馬場」がこれです。

f:id:hakodate1859:20200220194943j:plain

日本最古の競馬場「函館競馬場

 そして、競馬開催日ですが・・レンタカーで函館観光する方は、土日の函館競馬場前は「車」と「人」で、大変込み合いますので、ご注意くださいね。

 本当に、びっくりしますよ。

 

 今回は、観光情報にはない観光スポットを紹介させていただきました。

 函館の町おこしで、「オートレース場」や「競艇場」を誘致して、日本一の「ギャンブル都市」を目指すのは・・やっぱり、止めておいた方が無難でしょうね。

 やはり、国際観光都市「函館」がいいですね。